短歌と日記

一日一短歌

病は気から

医者が苦手。医者のひと言ひと言が心に重く残り、それだけで体調が悪くなった気がする。気がするようで本当に体調が悪い。目眩もするし、あちこち痛い。気がする。「病は気から」ことわざでも何でも無く、ただの事実だと思う。

 

日の光りにあぶり出された本心が陰を吐き出す私をなぞる