読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌と日記

一日一短歌

贅沢な時間

青く晴れた五月の散歩をできるだけ遠回りする贅沢。釣れない魚釣りほど贅沢な時間はない的なことを言っていた武田鉄矢を思い出しながら。

 

徒歩五分それでも君の瑠璃色の瞳に無限は姿を見せる