短歌と日記

一日一短歌

未知の世界へ

名前を知らない花が満開だ。知らないのに。じゃがりこにLサイズがあるのを買ってから初めて知って面食らった。でも食べた。歯茎が少し痛い。

 

発つ君と戻る私を仕分けてる中央分離帯の花々