読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短歌と日記

一日一短歌

時間の顔色

時計を見ない日は一日もない、時計に囲まれている。時間を知る為に時計を見ている時も時間は進んでいる。気にしているのは時間よりも時計みたい。

 

もう少し時計を減らせばもう少し長くいられる気がする駅舎