短歌と日記

一日一短歌

来世までの我慢

なにかの花粉で目が猛烈にかゆい。寝ている時にふと目が覚めた時のかゆみがいちばん嫌だ。18歳から発症したこの花粉症がずーっと続くのだろうか。たんぽぽが綺麗な季節になった。

  

たんぽぽが風の在り処を告げる春 私の今は誰の前世