短歌と日記

一日一短歌

腹が痛い

暑すぎて冷たいものばかり飲んでいたらお腹を壊した。ああ夏が来たって感じ。何回腹を壊しても暑さには敵わない。コンビニには常温コーナーがあるのに、私には不要。いつまで経っても子供みたい。子供には冷たいもの飲むなと言うくせに。子育てって自分がや…

コントみたいな恋

お金があれば多少のことは目をつむれるのが夫婦生活だと思うけど、お金があってもそうはならないところもあるんだね〜。お金が原因の方がはっきりしている分、まだマシか。嫌なことあったらすぐ別居、それもお金があるから。でも今回の松居一代の件、今まで…

三日目のカレー

いきなり結婚発表されて一番驚いたのは彼氏なんじゃないの?頭が良くてアイドルの才能もあってまだ20歳。それでも全てをフイにしてしまうほどの愛の力はつくづく怖い。世の中、もう少し愛の力が弱まればもう少し争い事がなくなるように思います。多分、お泊…

使い捨てニュース

毎日のようにワイドショーで取り上げられた殺人事件も、犯人が逮捕されると徐々にフェードアウトし、殺された被害者ばかりクローズアップされただけで終わってしまう。どうして子供を守る立場の大人が子供を殺さなければならなかったのか?予兆はなかったの…

不良のふり

元不良が今は更生して、地元を支える人材になった。そんなありがちなエピソードにはうんざり。その不良によってとんでもなく嫌な思いをした人がいたことすら帳消しにしてしまう。このマイナスがゼロに戻っただけで賞賛される風潮はつくづく勘弁。だから少し…

幸せのクリーム

じぶんで働いてお金をもらってから、駄菓子をたくさん買えることにとても感動した。もう100円とか200円以内の計算なしに好きなものを好きなだけ買える。大好きなビスコも遠慮なく買える。ビスコのサンドしているビスケットを剥がしてクリームをついている方…

廃墟ブログ

いぜん見ていた好きな人のブログを久しぶりに見ると、先頭にバナー広告が表示され、「この広告は三ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されます」と書かれていることがある。廃墟に残された落書きみたいに。その人はもう引越してしまったのか、ここに興…

エセ人見知り

道端アンジェリカが自分のこと人見知りって言ってたけど、そんなわけないだろ。会ったことないけど。たんなる恥ずかしがり屋とか口下手とかを人見知りと一緒にされては困る。なんか最近、人見知りって言うことでコミュ障っぽさを出して、ハードル下げようと…

迷い猫

電柱に時々貼られている探し猫や鳥(インコ)の貼り紙。写真と特徴と飼い主の連絡先が書いてある。見つけられたらと思うけど見つけたことはない。見つかってくれたらいいのにと思う。きっととても大事にされた生きものたちなはずなのに、それでも知らない世…

雨の匂い

むかし好きだった人の誕生日はずっと覚えていて、その誕生日は命日みたいに思える。もちろん必ずどこかで元気に生きているはずだけど、現世ではもう二度と会うことはないから。長い人生のいっとき、同じ空気を吸っていた人がいなくなる。梅雨に生まれた夏が…

ベンチ争奪戦

噴水のまわりを囲むようにあるいくつものベンチ。日の当たるベンチには日焼けしたい人が座り、日陰になったベンチはお年寄りや女の人が座る。時間が経つにつれて影の位置も変わり人も移動する。立場も目的も違う人たちが同じベンチを争っている。 昨晩の余分…

靴ひもを結ぶ理由

必ずほどけることがわかっているのに靴から靴ひもがなくならないのは、靴ひもを結ぶ時間が人類には必要なのです。理由はわかりません。 いついらい朝を見たのは 靴ひもがほどけず今日を終えられたのは

ストリートビュー日和

旅した場所をGoogleストリートビューで再訪するのが面白い。あの時、苦労してでも歩いて良かった、そうでないと懐かしめない景色ばかり。もっと昔の景色が見たくなって、Googleストリートビューがここ数年のサービスだってことに驚く。戻れない景色は、ずっ…

カッチカチな脚

朝、ザブングルの加藤さんが歩いていた。ギャグの力は大きいなあと思う。やったもの勝ちで、受けたもの勝ちだ。駅前を歩く勝者に誰も気づかなかった。 右よりも僅かに細い脚に触れそれに気づいた人は三人

エセイクメン

岡村さんのANNで矢部さんが子どもが生まれてから風邪をひきやすくなったと言っていた。矢部さんはちゃんと家にいて家族と一緒にいる人だ。本当のイクメンってのは、まず家にちゃんといることだと思う。イクメンの軽い響きに乗せられて、エセイクメンが増えて…

スポットライトの行方

朝が早く来て、夜が遅く来るようになった。それだけで得した気持ちになれて嬉しい。大部分の煩悩は捨てた。欲望にはきりがないのに残り時間は限られているので捨てるしかない。それでも思い描く暮らしはあって、何回目の朝にその時はやってくるのか。 午前五…

クセのある夢

自分の声を聞いたり、書いた字を客観的に見ると落ち込むほどの違和感がある。自分が思ってる以上に自身ヘの期待値が大きかったことがバレてしまうようで恥ずかしい。自分では真っ直ぐだと思っていることも、実は大きく曲がっているのかもしれない。どうする…

コーラの誘惑

コーラの1.5リットルを買った。きっと10年以上ぶり。コーラは身体に悪いものと教えられてきたからほとんど飲んだことないけど、夏のような暑さに今日はたくさん飲んだ。身体に悪いことをした。夏の暑さのせいだ。ときどき悪いことをしたくなる。 銀色に光る…

フロート世代

ウインナーコーヒーとかクリームソーダとかコーヒーフロートって昭和な飲み物だけど、キャラメルマキアートとかコーヒーフラペチーノとかカフェモカとか平成世代が台頭する中で、置いてある店に入ると嬉しいし懐かしい。スタバもドトールも何もかもなかった…

困ったときのカーディガン

曇ったり晴れたり、暑いのか寒いのかわからない季節の変わり目は服に困る。困ったときに役立つものと結局長い付き合いになる気がします。 カーディガンくらいの薄い愛情が四季を通して重宝される

色々な電話

電話には色があった。家の電話は黒くて、公衆電話は肌色や赤色だった。後にテレフォンカードを使える緑色の電話が主流になって、進化系としてグレーの公衆電話も登場した。電話ボックスの中は周囲と隔絶された雰囲気があった。自分だけの世界。何を話そうか…

味付け海苔付き笑顔

いつもの風景がいつもと少し違う表情を見せる時。マンションの蛍光灯がひとつ消えているだけで不気味さが増す。あなたの歯に味付け海苔がついているだけで不気味さが増す。ゾンビメイクの人よりもとても不気味に笑ってる。 切れかけた蛍光灯の暗がりに新種の…

公園の景色

いつも行く公園で毎日決まった時間にジョギングしていたおじいさんを今年になって一度も見ていない。とても元気なおじいさんで、大学生の孫とマラソンに出るのを楽しみにしていたのが去年の11月。はじめは風邪でもひいたのだと思っていたのに、1月が過ぎ、2…

未来の原石

同性婚で有名な二人が破局したニュースを見た。どのような経緯でニュースになっていたかは知らない。でも先駆者として破局までやり遂げることは彼女たちの”普通”を世間の”普通”に近づける為の使命だったのかもしれない。と百年後には大変評価されていると思…

月の寝息

役割分担、班別行動、当番、小学校のころからそんなものにうまく馴染めないで困った。でも、ちゃんとやった。すごく我慢していたと思う。学校は我慢をひたすら覚える場所だった。我慢ばかりしていると音って音がみんな雑音に聞こえてしまう。無音が落ち着く…

悲しみレス

家でインスタントコーヒーばかり飲んでしまうので、スタバに行ったらカフェインレスのディカフェを飲むことにしている。ふつうのコーヒーとほとんどちがいがわからない。いえ、まったくわからない。カフェインってなんなんだろう。スタバでもらった新作の試…

空の楽しさ

すっかり空が夏めいて眩しい。散歩も公園も運動も自転車も登山もキャンプも釣りも花火も、空があるから楽しくなる、空とセットの楽しさ。ミサイルいらない。 きのう見た空とおんなじ顔をしてあなたは誰の希望となった

ロボットの憂鬱

そんなわけないんだけど、時々じぶん以外の動いているものが全部AIを積んだロボットなんじゃないかと思うことがある。ソフトバンクの店先には本物のロボットが突っ立ってる時代。あいつロボットじゃないじゃん。生身のにんげんじゃん。かっこわる。ってこれ…

悲しみのバロメーター

人に言えるくらいのトラウマはトラウマではなく苦手なだけだ。カタカナの響きが意味を軽くしているストーカーと同じこと。本当に心を痛めたできごとは簡単に人に言えない、ましてネットで発信することなんてできるわけないと思うんだけど。この悲しみもブロ…

二十五回目の死

他人の会話から「あの人、死んでくれて良かった」が聞こえてきた。死んでくれて良かった人はもういないはず、だけどどんな人だったか気になる。きっとその人にとってはとても悪い人で嫌いだったはず。嫌いな人と同じくらい、それ以上に、好きな人の死をたく…

壊したくなるシンドローム

綺麗なものや可愛いものを見ると、綺麗とか可愛いさを通り越して全部壊したくなる衝動に何かの名前がついているのか。はじめから壊れているものを見るとどこか安心した気持ちになる。 淀みなくすんと佇む雪原に石投げつけて悲しんでいる

春の景色

久々の大阪。久々だと街の風景が微妙に変わってる。その街にいる人たちも昔とは違っているはず。住みたいと思った街がない、住みたい街に住んでいる人は幸せだと思う。東京は家賃が高くて住みたい街と言うより住める街になる。この春も何も変われなかった。 …

希望の成分

ゴールデンウイークは、はじめて独り暮らしして、はじめて帰省した時のこと思い出す。独り暮らしの家へ戻る特急電車のデッキで必死に泣くのを我慢した。車窓の景色を見ながら徐々に気持ちを切り替えるのに必死で。希望の半分くらいは寂しいとか悲しいだと思…

星々に願いを

みずがめ座η流星群が6日未明にかけて極大化するそうで。願い事が溢れる夜になりそう。願い事を口に出すだけで効果があると聞く。自己暗示の一種なのか、引き寄せの類の話しなのか。わかり切っていても実践している人は少ないと思う。軽井沢に大きな自宅と別…

病は気から

医者が苦手。医者のひと言ひと言が心に重く残り、それだけで体調が悪くなった気がする。気がするようで本当に体調が悪い。目眩もするし、あちこち痛い。気がする。「病は気から」ことわざでも何でも無く、ただの事実だと思う。 日の光りにあぶり出された本心…

真っ白になる

そんなに汚れていないはずのに汚れが気になったりすると疲れやストレスを疑ってみる。そんな時は素直に洗濯をしてみる。それがストレス解消になる。だから洗濯できる良く晴れた日はそれだけでストレス解消になる。きっと、問題は汚れじゃ無かったりする。 い…

贅沢な時間

青く晴れた五月の散歩をできるだけ遠回りする贅沢。釣れない魚釣りほど贅沢な時間はない的なことを言っていた武田鉄矢を思い出しながら。 徒歩五分それでも君の瑠璃色の瞳に無限は姿を見せる

未知の世界へ

名前を知らない花が満開だ。知らないのに。じゃがりこにLサイズがあるのを買ってから初めて知って面食らった。でも食べた。歯茎が少し痛い。 発つ君と戻る私を仕分けてる中央分離帯の花々

西友を中心に回る

西友のレジの人、地元のおじちゃんおばちゃんみたいな人ばかりで落ち着く。レジ打つスピードは遅いけど。西友でありながら昔からあるお店みたい。そして安い。だから生活のほとんどが西友でできている。 ガリレオが回し始めた星にいます 目まいしそうな土曜…

時間の顔色

時計を見ない日は一日もない、時計に囲まれている。時間を知る為に時計を見ている時も時間は進んでいる。気にしているのは時間よりも時計みたい。 もう少し時計を減らせばもう少し長くいられる気がする駅舎

月の煮っころがし

ずっと変わらないでいること、変わりつづけること、どちらがいいか考えているうちに時間だけが過ぎる。サラダバーのブロッコリーはどこの店も硬すぎる。 煮え切らぬ真昼の月の芯に刺す菜箸だけが丸みを帯びて

ありふれた奇跡

行きのバスで一緒だった親子と帰りのバスで一緒になる、どうせ起こす奇跡ならもっと素敵なことに使って欲しかった。気づいていない奇跡は案外たくさんあるのかも。出会いも別れも奇跡みたいなものか。またamazonで衝動買いをしてしまった。 駅前で落ち合うは…

あんことバター

菓子パンがやめられない。美味しければ美味しいほど身体に悪いなんてよくできている。今日は頭がずっと痛い。 名前よりカロリー数で選んでる あんことバターのあなたはあんこ

まちがいさがし

結婚式の招待状の返信ハガキを書いた。あれ?どう返信するのが正解だっけ?また忘れている。二重線引いたり、軽いメッセージを添えたり、あのマナーだ。インターネットで調べてすぐに解決した。便利な時代。だからいつまでたっても覚えない。 二重線引いて訂…

春のプロセス

セブンイレブンでパンを買って散歩をしていたら花が綺麗で驚いた。ちょっと前までは目にも留まらなかった場所に鮮やかでカラフルな一群。その季節になるとちゃんと咲いて、来年の為にちゃんと散る。セブンイレブンのパンはどんどん美味しくなってどんどん小…

アダムスキー型スカート

今日は地球の日(アースデイ)。そしてよい夫婦の日。テーマが壮大過ぎてくらくらする。公募ガイドの短歌特集を読もう。 浮かれたり引かれたりしてちょうどいいアダムスキーのスカート揺れて

慣れない甘さ

たまにしか乗らない満員電車に乗ると、人と人との近さに驚く。パーソナルスペースなんて崩壊している空間。慣れたらどうってことないのにな。慣れはすごい機能だ。缶コーヒーの甘さには慣れない。 羽のないレジ袋でさえ空を飛ぶ甘いコーヒー顎にこぼれる

来世までの我慢

なにかの花粉で目が猛烈にかゆい。寝ている時にふと目が覚めた時のかゆみがいちばん嫌だ。18歳から発症したこの花粉症がずーっと続くのだろうか。たんぽぽが綺麗な季節になった。 たんぽぽが風の在り処を告げる春 私の今は誰の前世